サイトのイメージをデザインするWEBデザイナー

クライアントの要望を取り入れながらレイアウトなどを決める

WEBデザイナーは企業や個人事業主といったクライアントから依頼されたWEBサイトのデザインをイメージし、制作するのが主な仕事です。WEBデザイナーが行う仕事の内容はいくつかありますが、その一つが制作するWEBサイトにおける構成とレイアウトを決める事です。クライアントの要望を考慮しながら、WEBサイト全体のイメージを決めます。WEBサイトのデザインでは、見た目のデザインやブランディングも大切ですが、扱いやすい操作性にする事も重要です。ユーザーインターフェースと呼ばれるWEBサイトの画面では高い操作性も求められてくるので、WEBデザイナーにはユーザーインターフェースに関する知識も必要となってきます。尚、操作性の高いデザインを主な仕事としているデザイナーの場合、ユーザーインターフェースデザイナーと呼ばれる事もあります。

デザインの作成やコーディングもWEBデザイナーの仕事

WEBサイトの装飾や色合いなどWEBサイトのデザインを作成する事もWEBデザイナーの仕事です。グラフィックソフトを利用しながらWEBサイトの配色や使用するロゴなどの配置を決め、WEBサイトのデザインデータを作成します。尚、基本的にここまでの工程は、WEB制作を担当するプロデューサーやディレクター及びクライアントが何度もレビューを実施しながら進めるのが一般的となっています。一方、WEBデザイナーのもう一つの仕事は、JavaScriptやHTMLなどの言語を使用してコーディングをする事です。使いやすさなどを意識しながら事前に決めていたレイアウトに従ってデザインを行っていきます。また最終的なデザイン調整は細かい作業も多いため、WEBデザイナーには高い集中力も求められます。