プログラムを作成するITエンジニア

ITエンジニアはどんな仕事をしている?

「ITエンジニア」とはIT業界で活躍する技術者のことです。ネットワーク機器の構築や管理を行う人はネットワークエンジニアと呼び、WebシステムであればWebエンジニアと呼びます。しかし何を構築するにしてもまず「設計書」が必要。予算やスケジュールを細かく設定し、システムの設計書を作る人はシステムエンジニア(SE)と呼ばれています。完成した設計書通りにプログラムを作成するのがプログラマー。

一般的にITエンジニアと聞いて「コーディングする人」がイメージされる場合が多いです。実際にはITエンジニアが行う業務は幅広く、「プログラムを作成する」ことに限って言えばプログラマーが該当します。職場や制作物によっては、SEがプログラムを書く場合もあります。しかしプログラマーは「プログラム作成の専門職」。非常に大切な役割を担っています。

プログラマーはどんな専門知識やスキルを持っている?

プログラマーはシステムを動かすためのプログラムを作成しますが、そのために必要なツールが「プログラミング言語」です。具体的にはPHPやRubyなどの種類があります。マークアップ言語(HTMLやCSS)を中心に扱うエンジニアは、フロントエンドエンジニア(コーダー)と呼ばれています。コーダーは主にWeb制作の分野で活躍しており、業務によってはプログラマーと一緒に取り組むことも。プログラミング言語だけでなく、マークアップ言語など幅広くスキルを持ったプログラマーは活躍の場が多く、重宝されます。システム開発においてプログラムは必要不可欠です。そのためプログラマーはITエンジニアの中でも、SEなどと同様に今後も必要とされ続けると言われています。