Webコーダーなどの基本言語や技術力

Webコーダーはどんな言語知識を持っているか

Web制作においては、デザインに注目が集まりますが、実際にWebサイトをアップした際に想定通りに表示するには、Webコーダーのスキルが大切になります。Webコーダーは、HTMLの知識を持っていることが必須です。HTMLは、Webサイトを製作するためのベースとなる言語だからです。そのほかに、XHTMLの知識を持っていると仕事の幅が広がることでしょう。XHTMLの「X」は拡張性を意味しており、文法はHTMLよりも厳密であるものの、柔軟性があり、独自性があるWebサイトを製作するのに役立つ言語です。HTMLの知識があれば、XHTMLを学ぶことは、それほど難しいことではないでしょう。 加えて、JavaScriptの基本も、Webコーダーが知っていた方が良い言語の一つです。近年のWebサイトの開発では、JavaScriptを使用するケースが目立つからです。

Webコーダーが持っていたい技術力

Webサイトを製作する場合は、依頼主の意図を反映したものを作ることが重要です。ですが、Webサイトの制作では、想定通りに動作しなかったり、文字や装飾がうまく表示されないなどのトラブルがよく起こります。そのため、Webコーダーは、バグへの対処能力を培っておくことが大切です。

バグへの対処には、HTMLなど、Webサイトの開発に使用される言語の知識が重要ですが、デザインの基本をマスターしていると問題解決に役立つに違いありません。近年のWebサイトは、作りがち密になっているので、バクを発生させないためには注意力や責任感も必要でしょう。また、Webサイトに表やデータなどを掲載するケースも多いため、オフィスツールなどを使って見やすい表や文章を作る力があると役立つはずです。