内容や記事を執筆するWEBライター

WEBライターに求められること

WEBライターは、WEBに掲載されるコラムや記事などを執筆する仕事です。WEBライターは学歴や資格は必要ありませんが、自分の言葉で読者にわかりやすく伝える文章力やリサーチ力など幅広い能力が問われます。書く記事に関しての知識があることはもちろんのこと、しっかりと論文や適切な情報を調べてから参照する必要があり、他人の文章をそのままコピーすることはご法度。自分の言葉で求められているタイトルや構成にあった記事を書かなければなりません。検索に引っかかるSEO対策も重要で、ユーザーが調べるキーワードを予想して、文章の中に入れることも大切です。WEBライターを名乗ることは簡単ですが、評価されるWEBライターになるには、経験やスキルが必要になります。

WEBライターとしての働き方

WEBライターの仕事は、納期に合わせて執筆した文章をインターネット経由で提出して承認されると報酬が支払われます。時給制ではないため、自分の自由な時間に執筆を行うことが可能です。納期を守り、文章の質さえよければ、自分の都合に合わせた仕事を請け負うことができるでしょう。リサーチや執筆のためのパソコンとインターネット環境さえあれば働く場所も問いません。自宅やカフェで、気軽に仕事ができます。WEBライターは、文字単価という1文字あたりの金額で報酬が決まることが多いです。未経験者は1文字0.3円、経験者になると2円以上の単価になります。記事は2,000字以上のことが多く、経験を積めば1つの案件につき、4,000円以上の報酬を得ることができるでしょう。